パンツの色や種類が豊富。レース、花柄、はみパンなどレアなパンチラも

\会員登録でサンプル画像2倍に!/ 無料会員登録

無料の画像生成AIサービス4つを比較「無料でパンチラ画像は作れる?」

無料の画像生成AI比較サービス4選

画像生成AIの中でも、人気の高いと言われる以下5つのサービスを使って、実際に画像を生成してみました。

  • 有料:ChatGPT4(DALL·E3)
  • Fotor Photo Editor
  • Bing Image Creator(DALL·E3)
  • MyEdit

いずれも、無料では会員登録が必要です。また、無料枠があるだけで、無料で無制限には生成できません。

※ChatGPT4は有料サービスですが、利用者も多いと思い、今回の比較に含めました。

 

比較で使用したプロンプト

  • 「スカートを履いた可愛い日本人女性」
  • 「スカートを履いた可愛い日本人女性がパンチラしてる」

AIで画像生成する手法はいくつかありますが、通常プロンプトと呼ばれる命令文によって画像を生成します。

一般的には、プロンプトは英語で指定しますが、最近は日本語にも対応したサービスが出てきていました。

プロンプトには文字数の制限がありますが、背景などもっと細かい指定が可能です。今回は比較のためにシンプルなプロンプトにしてみました。

 

【有料】ChatGPT4(DALL·E3)

  • 料金:月額20ドル(約3,000円)
  • 生成時間:1分ほど
  • 解像度:1024×1024
  • 良い点
    • 日本語プロンプトに対応
    • 生成した画像を日本語で説明してくれる
  • 悪い点
    • 無料のChatGPT3.5では使えない
    • 同じプロンプトの画像は連続で生成できない
    • 顔にクセがある
    • 1枚ごとしか生成できない
    • 画像生成専用でないので、DALL·E3で「xxxx」の画像を作ってと毎回書く必要がある

すみません。無料の比較といいながら、無料版 ChatGPT3.5では利用できません。

有料版のChatGPT4を使っている人なら、設定なしですぐにでも試せます。

 

他のサービスにない特徴として、画像に関する説明文も同時に作ってくれます。(使い所は微妙ですが)

DALL-E 3を使用して、スカートを履いた可愛い日本人女性を描きました。彼女は春の桜が満開の美しい公園に立っており、やさしく微笑んでいます。彼女の服装は現代と伝統の完璧な融合であり、桜の柔らかいピンク色を補完するパステルカラーのスカートが特徴です。彼女は肩までの長さの黒髪を持ち、小さくおしゃれなハンドバッグを持っています。この画像は、日本文化の美しさと春の新鮮さを組み合わせています。

同じプロンプトを続けて行おうとするとエラーになりました。

GPT4の制限もあり、連続投稿すると警告が出てしまうのも使いにくいところです。

 

アダルト画像は「パンチラ」「水着」一切NG

残念ながら、アダルト系の画像は作成できません。

かなり厳しくて「水着」「パンチラ」もNGです。

 

プロンプト:水着の女性の画像を生成して

Chat GPT4の回答

水着を着た人物の画像を作成したり提供したりすることはできません。他にリクエストがある場合や別のトピックでの支援が必要な場合は、お気軽にお尋ねください。

 

プロンプト:パンチラしてる女性の画像を生成して

Chat GPT4の回答

申し訳ございませんが、そのようなリクエストには対応できません。他にご質問や必要な情報がありましたら、お気軽にお尋ねください。

 

MyEdit

  • 料金:無料では1日5枚程
  • 生成時間:1分ほど
  • 解像度:1024×1024
  • 良い点
    • 日本語プロンプトに対応
    • 生成速度が早い
  • 悪い点
    • アダルトNG(パンチラ生成されない)
    • 無料の生成枚数が少ない
  • 生成時間:〜数分ほど

生成速度が早く品質も高いです。

 

アクセスすると、1日3クレジットをゲットできます。

2クレジットで4枚、1クレジットで1枚生成できます。色々なスタイルなどが選べるようになっています。

おそらく、内部的にはStable Diffusionを使っているのだと思います。スタイルを選択することで、モデル(check point)を切り替えてるのでしょう。

単純な画像生成以外にも様々なAIを使ったツールなどもあります。よく言えば色々できていいですが、画像を作りたいだけの人には少し戸惑うインターフェースだと思いました。

最初にアカウント登録が必要ですが、すぐに使えますし、今回試した中で最も高品質な画像な気がします。

アダルト利用について

試しに「おっぱい」をプロンプトに含めたところ、エラーになりました。

以下の制限があるそうです。具体的な語句は不明ですが、ポルノ系は総じてNGなようです。

利用者は、CyberLinkのサービスを通じて、違法、欺瞞的、わいせつ、虐待的、違法行為を扇動する、有害、脅迫的、嫌がらせを含む、中傷的、名誉毀損的、卑猥な、暴力的または憎悪を含むもの、または憎悪の対象やシンボルを含むもの、第三者のプライバシーを侵害するもの、ヌードを含む(ポルノ、エロティカ、児童ポルノ、児童エロティカを含む)、ヘイトスピーチを構成するもの、または他にもCyberLinkの判断によって不適切とされるものを、アップロード、投稿、メール、または他の方法で送信してはならない。

Terms of Service | CyberLink

「パンチラ」は、エラーにならなかったのですが、残念ながらパンチラ画像は生成されませんでした。

プロンプト「スカートを履いてパンチラしてる可愛い女性」

今回は「日本人女性」としなかったので、欧米風の女性でした。このようにプロンプト次第で、大きく画像は変わります。
どうやら、MyEditではパンチラ画像は生成できないようです

 

Fotor Photo Editor

  • 料金
    • 無料で4枚ほど
    • 無料で8クレジットが付与される
  • 生成時間:〜数分
  • 解像度:1536×1536
  • 良い点
    • 高解像度で、リアル系の書き込みはなかなか
  • 悪い点
    • アダルト/パンチラNG
    • リアル系は顔のクオリティがいまいち
    • 無料枠の利用枚数が少ない

アプリをインストールするタイプなので、一見ローカルPCで完結してるかのように思えますが、実際はオンライン上のサービスに接続して生成してるはずです。よって、アダルトなどの制限もあります。

 

デフォルト設定だと、以下のようなアニメ・CG風の画像が生成されました。

コンセプトアート(デフォルト)「スカートを履いた可愛い日本人女性」

 

リアル系を選ぶとだいぶ画風が変わりました。

リアル系「スカートを履いた可愛い日本人女性」

今回試したサービスの中では最も高解像度でしたが、顔がいまいちでした。

 

Bing Image Creator(DALL·E3)

鼻筋のくっきり感に整形女性ぽさを感じなくもない

  • 使用モデル:DALL·E 3
  • 料金
    • 無料で15枚ほど
    • 最初に15クレジット付与
  • 生成時間:〜数分
  • 解像度:1024×1024
  • 良い点
    • Microsoftアカウントがあればすぐに使える
    • クイズなどに答えるとクレジットが無料でもらえる(10ほど)
  • 悪い点
    • アダルト/パンチラNG
    • リアル系は顔のクオリティがいまいち
    • 生成に時間がかかることがある?

前述したChat GPT4と同じDALL-E3ですが、こちらの「Bing Image Creator」の方が高品質に見えます。

 

今回は「スカートを履いた可愛い日本人女性」を指定してるためか、かなりあざとい感じの子が生成されます。

好みは分かれそうですが、なかなか悪くない感じ。

TikTokやインスタあたりの画像で学習してるのでしょうか?実際にいそうな感じの女性です。

私の知る限りDALL E3は、オンラインサービスのみで、今後も手元のPCで使える可能性は低いでしょう。アダルト利用目的なら完全に除外ですね。今後も進化していくはずなので残念です。

 

【番外】Stable Diffusion

おそらく現在最も有名な生成AI「Stable Diffusion」。私もメインで利用しています。

高価なグラフィックボードが必要で、導入まで面倒だったりと、前述のサービスに比べると一気にハードルが上がります。

また、プロンプトやプラグイン、設定がものすごく多岐に渡るため、思い通りの画像を作るまでには、時間を要します。python、gitに加えて、extensionをアップデートしてエラー地獄で何時間も費やしたり…。

Google Colabを使ったオンライン版は導入が簡単ですが、画像もオンライン上に生成されるため、アダルトな用途ではリスクがあります。(最悪アカウントバンなど)

私は毎晩試行錯誤を重ねて、ようやく現在のクオリティにたどり着けました。

 

まとめ

画像生成AIを使うには、マシンパワーを必要とするので、完全に無料提供するには無理があります。

今回紹介したサービスのように一部無料で、一部有料とせざるをえないはずで、それは今後も変わらないでしょう。

一方、自分でPCスペックを揃えるのも中々簡単ではありません。元々、3Dゲームなどを遊んでいて、グラフィックボードなどを備えたPCを持ってる人は別ですが、簡単に始めるにはまだハードルが高いのが現状です。